投稿

年末調整から決算まで

イメージ
1月と2月にいろいろやったので、今回はその内容になります。  やったことを箇条書きにするとこんな感じです。  年末調整 償却資産申告 確定申告 決算・法人税等申告 私みたいに自力でやろうとしている人の参考になればと思い、簡単ながらまとめました。 1. 年末調整 まずは国税庁が作成したアプリケーションを入れました。 でもこれ、最終的に税務署へ提出する書類は作成できないことが分かりました。 このアプリケーションは従業員が紙で提出する「扶養控除等(異動)申告書」と「保険控除申告書」を電子化できるというもの。 見た目はモダンで、UIはとても使い易いのに残念です。。。 結局は紙になったのですが、手書きは絶対に嫌なので入力可能なPDFに必要な値を全て入力して、捺印のみ手作業としました。 令和2年分給与所得者の扶養控除等(異動)申告書 令和2年分給与所得者の保険料控除申告書 令和2年分給与所得者の基礎控除申告書兼給与所得者の配偶者控除等申告書兼所得金額調整控除申告書 毎回思うのだが、この入力可能なPDFはどうやったら作れるのだろうか。。。 名称が長い「給与所得者の基礎控除申告書兼給与所得者の配偶者控除等申告書兼所得金額調整控除申告書」は前年度まで「給与所得者の配偶者控除等申告書」だったものです。 次に源泉徴収簿を基に税額を算出しました。 令和2年分給与所得・退職所得に対する源泉徴収簿 左側の「給料・手当等」の総支給金額ですが、非課税である交通費などは含みません。 私の場合は源泉徴収として27,670円を徴収していましたが、実際の所得税は8,100円でした。 源泉徴収は基礎控除や生命保険などを控除していないから、超過するのは当然ですよね。。。 超過した19,470円ですが、6月までのは徴収分は7月に収めているため、どうしようもないです。 そのため、まだ納めていない7月~12月分の16,080円は税務署へ納めずに、”差引徴収税額”を0円としました。 それでも3,390円残るため、これは翌年度に徴収する金額から差し引いて対応します。 次に源泉徴収票と給与支払報告書(個別明細書)を作成しました。 給与所得の源泉徴収票 役員の場合は150万円を超えたら源泉徴収票の提出が必要みたいです。 給与支払報告書(個別明細書)は自治体へ提出するものなので、私は福岡市の報告書をダウンロードしました。 h

詐欺にあいました その4

イメージ
 前回のブログ「 詐欺にあいました その3 」の続きであり、ファイナルです! ゆうちょ銀行より決定書が送付されてきました。 私の分配金は538円😂 被害総額は74万円と書いていますね。 警察に被害届を出したところからブログに書いてきましたが、これで一件落着となりました。 これを教訓にもう詐欺には合わないぞ😠

ArduinoにUARTのPINを追加する

イメージ
 ArduinoのSERCOMについて調べたところ、日本語の情報がほとんどなかったので、調べたことを備忘録として書き留めておきます。 ※ 簡単に調べただけなので、内容に誤りがある可能性があります SERCOMとは何か Serial communication moduleの略であり、MCUが用意しているシリアル通信モジュールのことである。 MCUのPinをどのシリアル通信(I2C、UART、SPI)で使用するのかを定義している。 以下はArduino MKR WAN 1310のMCUであるATSAMD21のデータシートを抜粋した画像です。 このMCUには6つのSERCOMが用意されていると書いてあります。 ArduinoのPinに紐づけられているSERCOMを確認する ArduinoのPinとSERCOMが紐づけられているので、シリアル通信を使うことができます。 以下はArduino MKR WAN 1310のPin配列図ですが、どこにもSERCOMの記述はありません。 より詳細なPin配列を「 Download the full pinout diagram as PDF here. 」から確認できます。 先ほどは無かった「Sercom」が表示されています。 例えば、UARTで使用するD13とD14には「SC5」と書いてあるので、SERCOMの5番と紐づいていることが分かります。 SERCOMでシリアル通信用のPinを増やせる ArduinoはMCUのSERCOMを全て利用しているとは限らないため、未使用のSERCOMがあります。 そのため、シリアル通信以外に割り振られているArduinoのPinと未使用のSERCOMを紐づけることで、シリアル通信用のPinを増やすことができます。 例えば、Arduino MKR WAN 1310のUARTは1つ(D13とD14)しか存在しませんが、他のPinを使ってUART用のPinを増やすことができます。

SSDをKIOXIAに変更

イメージ
 2021年もプログラムをたくさん書く! しかし、SSDの容量がたったの500Gなため、既に余裕がない。 そんなわけで、SSDをKIOXIA社のEXCERIA NVMe PLUS SSDに変更しました。 1TBモデルをAmazonでポチリました。 商品説明に「国産BiCS」と書いてありますが、製造は中国みたいですね。 コントローラーと思われるチップには台湾と書いてあります。 SDカードとUSBメモリは東芝メモリの「Made in Japan」を購入してきました。 経営者が無能なせいで東芝メモリからKIOXIAになってしまいましたが、これからもNANDメモリ製品は東芝メモリのを購入しようと思います!

cronの環境変数が無意味な件について

イメージ
 Linuxのcronでバグとしか思えない仕様にぶち当たったので、今回はその内容になります。 AWSのLinux 2にnginxを入れてWebサーバーにし、サーバー証明書はLet’s Encryptを使用しています。 サーバー証明書の更新は期限の30日前から実行できるので、cronを使って自動化しようとしていました。 以下はcronの設定です。 00 04 * * * certbot renew && systemctl restart nginx 毎朝4時にサーバー証明書を更新する「certbot renew」実行し、その後にnginxを再起動しています。 しかし、なぜか証明書が更新されないため、ログを出力したところ以下のエラーがありました。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - Processing /etc/letsencrypt/renewal/decomoco.biz.conf - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - Cert is due for renewal, auto-renewing... Non-interactive renewal: random delay of 176.261823729 seconds Could not choose appropriate plugin: The nginx plugin is not working; there may be problems with your existing configuration. The error was: NoInstallationError("Could not find a usable 'nginx' binary. Ensure nginx exists, the binary is executable, and your PATH is set correctly.",) Attempting to renew cert (decomoco.b

Visual StudioでAngularの開発をする

イメージ
 Angularの勉強を始めたので、今回はその内容になります。 さて、Angularの開発はVisual Studio Code(VSCode)で行うのがデファクトスタンダードだと思います。 しかし、私はどうしてもVisual Studio(VS)でやりたかった。 なぜなら、VSCodeも素晴らしいIDEですが、VSにはかなわないと思うからです。 ところが、いざ勉強を始めるために開発環境を構築しようとしたところ、一筋縄ではいかなかったので、私みたいに「AngularをVSでやりたい!」という人のために書き留めておきます。 Node.jsをインストールする 公式サイト から最新版を落としてきてインストールします。 特段理由が無ければTLS版を選択する Visual StudioにNode.js開発ツールをインストールする ① Visual Studio Installerを起動して、変更を選択する。 ② Node.js開発にチェックを入れて、インストールを開始する。 プロジェクトを作成する ① ASP.NET Core Web アプリケーションを選択する。 ② プロジェクト名などを入力して、プロジェクトを作成する。 ③ Angularを選択する。 ④ Startup.ConfigureServices()で設定しているconfiguration.RootPathには仮の値が設定されているので、プロジェクト名に変更する。 変更前 変更後 ⑤ Hello world画面が表示できることを確認する。 ツールバーにある「IIS Express」から実行できる Angularのバージョンを上げる 「ClientApp」がクライアント側のソースコード、つまりAngularのソースコードになります。 ① インストールされているAngularのバージョンを確認する。 ngコマンドを実行するためには、ClientAppへ移動して頭に「npm run」を付ける必要があります。 インストールされたAngularは8なので、現時点で最新の10へバージョンアップします。 ② まずは8の最終版へバージョンアップする。 コマンド「npm run ng update @angular/core@8 @angular/cli@8」を実行する。 Angular 8.2.12 → 8.2.14 ③ 9へバ

このブログの人気の投稿

開発用PCをカスタマイズ

Arduino MKR WAN 1310を購入!

懲りずにまたCO2センサーを購入