投稿

3月, 2021の投稿を表示しています

バーチャルオフィスへお引越し

個人事業主から法人成りした時に、本店所在地の住所は自宅にしました。 しかし、それだと問題が発生したため、本店所在地を変更するはめに😓 本店所在地を変更したので、今回はその内容になります。 バーチャルオフィス お金はかけたくないなぁ~と思っていたところ、バーチャルオフィスというものを知りました! バーチャルという言葉から想像がつくように、もはや実態はありません(笑) 登記に必要な住所を貸してくれて、郵便物が届いたら転送してくれるだけです。 福岡のバーチャルオフィスの中でも特に安かったのが「 1 STOP BUSINESS CENTER 」です! 今回は登記用の住所が欲しかっただけなので、4,800円(税別)のエコノミープランにしました。 訳あって急いでいたのですが、迅速に契約を進めてくれたので、あっという間に契約することができました😄 登記情報の変更 まずは所管の法務局へ「合同会社本店移転登記申請書」と「同意書」を提出しました。 正式な様式はないっぽいので、法務局のサンプルをそのまま使用しました。 商業・法人登記の申請書様式 の「3 商号・目的の変更,本店移転」ですね。 私の場合は福岡市東区から福岡市博多区への変更なので、所管の法務局が変わりません。 そのため、「 3-5 合同会社本店移転登記申請書(管轄内移転) 」を使用しました。 また、私の場合は定款に住所を全て書いていたため、定款の変更も必要でした。 申請書、同意書、定款を印刷して、いざ福岡法務局へ!! 1階で3万円分の印紙を購入して申請書に貼り付け、2階の窓口へ提出しました。 ※ 所管の法務局が変わる場合はさらに3万円分の印紙が必要です。 ※ 登記時の定款は電子定款なのに、今回は紙の定款だったので何か言われるか心配していましたが、何も言われませんでした。 変更後の手続き 登記の情報が書き換わるのに10日ほどかかりました。 しかし、これからが大変でした。 ざっと以下の手続きをしました。 所管の税務署へ 異動届出書 と 給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書 を提出 福岡県に 異動届出書 を提出 福岡市に 異動届出書 を提出 年金事務所に 適用事業所所在地変更届 を提出 ゆうちょ銀行にて法人口座の住所を変更 所管の税務署は移転前の税務署になります。 福岡県、福岡市、年金事務所へは履歴事項全部証明書が必要で

Arduinoが技適を取得した!?

イメージ
 以前からブログに書いているように、Arduino MKR WAN 1310(以下MKR WAN 1310)を使用してIoTデバイスを作成しています。 LoRaWANに興味のある人なら共感して頂けると思いますが、技適を取得しているデバイスがほとんどありません。 そんな中、MKR WAN 1310は使用しているLoRaWANのチップが村田製作所のCMWX1ZZABZなため、技適を取得済みでした。 しかし、最近2台目のMKR WAN 1310の購入したところ、技適のマークが消えている😱 公式オンラインラインストアの画像を見ても、データシートを見ても技適のマークが描かれています。 解せないので村田製作所の サイト を見ると、取得している認証一覧から技適が消えていました! どうやら、「CMWX1ZZABZ」はさらに細かい「CMWX1ZZABZ-078」「CMWX1ZZABZ-091」といった品番に分かれており、全ての品番が技適を取得しているわけではなさそうです。 経緯は分かりませんが、Arduino側が技適を取得していない方のチップに切り替えたのでしょうね。 どうしようもないので、MKR WAN 1310は諦めて代わりになりそうなデバイスを探しましたが、技適を取得しているものが全然ない・・・ 諦めかけていたその時、信じられないものを発見しました!! なんど、MKR WAN 1310が技適を 取得 しているではないですか😲 Arduino S.R.Lって何??Arduino LLCじゃないの?? と思って調べたところ、SRLがイタリアでLLCがアメリカみたい。 そして、お互いが「我こそが正当なArduinoだ」と主張して内部分裂しているそうな。 Arduinoの内部分裂について Arduinoが和解しました!【スイッチサイエンスチャンネル】 話がそれましたが、つまりArduino公式が日本の技適を取得したということで間違いないでしょう!!! 取得したのがつい先月なので、実際の製品が出るのはまだ少し先かもしれませんが、技適取得済みのMKR WAN 1310が発売されると思われます👏

このブログの人気の投稿

初めての給与支払い

法人成り その後①

ArduinoにUARTのPINを追加する