開発用PCをカスタマイズ

システム開発用PCのパーツを更新したので、今回はその内容になります。

以前は「Ryzen 5 3400G」を使用しており、Visual Studioは快適に使えていました。
しかし、近日中にVRの開発を始めます!!
VRの開発となると、APUではお話にならないほどスペック不足です😭

新しく購入したのは以下です。
・PCケース:Lazer3D LZ7(28,380 円)
 マニアックな製品を扱っているオリオスペックで購入しました。
 グラフィックボードを刺せるのにたった7リットルのコンパクトなケースです。
 私は小さい子が大好きなので、これにしました。
 汎用規格であるSFX電源を詰めるのも決め手です!
・マザーボード:GIGABYTE B550I AORUS PRO AX(21,450円)
 発売されたばかりのB550チップセットを積んだ母板です!
 B550のMini-ITXはどこのメーカーも同じようなものだったので、一番早く購入できたギガバイトにしました。
 最近はずっとASRockだったので、久しぶりのギガバイトです。
背面には冷却も兼ねていると思われるバックパネルがある
・CPU:Ryzen 7 3700X(43,980円)
 AMD信者なので当然AMDを買いました。
 8コア16スレッドの3.6GHzでTDPが65Wって凄過ぎ😁
 お金に余裕があれば12コア24スレッドにしたかったなぁ・・・
・CPUクーラー:CRYORIG C7 Cu(8,870円)
 クーラー全てが銅でできている凄いCPUクーラー!
 冷却性能も凄いけど、見た目も超かっこいい!
 でも、取り付けが凄く大変で心が折れた😭
 CPUクーラーのバックパネルがマザーボードのバックパネルに干渉したため、ペンチで切りました。
・グラフィックボード:ASRock RX 5500 XT Challenger ITX 8G(29,678円)
 RadeonよりGeForceの方が性能がいいです。
 しかし、それでもあえてRadeonを買うのがAMD信者!
 信仰心が試されている!!
 予算の都合上RX 5500XTになったけど、VRの開発が快適にできるかはまだ不明。
・電源:SILVER STONE SST-SX650-G(16,640円)
 650Wで80PlusGoldなのが良かったので購入しました。
 しかし、負荷が低いときにコイル鳴きする😫
・ケースファン:CRYORIG XT140(2,990円)
 一般的なファンの厚みは2.5cmなのですが、今回購入したケースは付けれません。
 140mmで2.5cm未満のケースファンは多分これだけだと思います。


完成したPCです。
無線LANのアンテナが角みたいでかっこいい(笑)

お金に余裕があればメモリーを32Gに、M.2 SSDを500Gから1TBに倍増させたいなぁ

コメント

このブログの人気の投稿

Ryzen 5 3400G を購入!

メモリをDDR4-3200へ交換

田代、会社員やめるってよ