LP8用のプリント基板を作成

Senseair LP8用のプリント基板を作成したので、今回はその内容になります。
ブレッドボード上では正常に動作したので、それを回路図に起こして、中国の業者に注文しました。

以前プリント基板を作成した時と同様に、回路の設計にはEAGLEを使用しました。
LP8のライブラリは存在しないため、まずはLP8のライブラリを作成しました。

LP8の寸法は公式ドキュメントに記載があるので、それを参考にしてます。

自作したライブラリを使用して作成した回路図です。

実際にプリント基板が届いてから気づいたのですが、JP1のPIN配列が逆でした😓
上記の回路図を基に作成したプリント基盤がこれです。

前回と同様に、中国のPCBWayを利用しました。
基板代が5ドル、送料が15ドル、決済手数料が2ドルで合計22ドルでした!
送料はChina Postにすれば5ドルで済みますが、1か月近くかかるため止めました。
しかし、運悪く国慶節とかぶってしまい、結局は時間がかかりました😭

8日間も休むんじゃねぇ💢💢💢

やっと届いた基盤がこれです。
今回はArduinoの色に合わせて青にしました。

早速、部品を取り付けました。

Arduino MKR WAN 1310、Arduino MKR ENVと合体!!!



コメント

このブログの人気の投稿

Ryzen 5 3400G を購入!

開発用PCをカスタマイズ

メモリをDDR4-3200へ交換