IoTデバイスを設置

完成したIoTデバイスをハウスに設置しました。

天気はあいにくの雨でしたが、防水仕様なので問題ありません。
実際にトマトを栽培しているハウスに設置しましたが、今回はあくまでもお試しです。
なぜお試しかというと、前日に以下の問題が発覚、発生したからです。
・9Vの乾電池だと数時間しか持たないことが発覚
 SCD30の仕様を確認したら、消費電力が75mAもありました。
 このセンサーに限らず、二酸化炭素濃度のセンサーはどれも消費電力が高いですね。
・SCD30が壊れた
 購入直後なのに壊れやがった・・・
 やっぱり中国製は信用できないですね。
 国内のECサイトではなく公式のECサイトで購入したので、泣き寝入りするしかない😢

お試しでしたが、LoRaWANの電波がハウスまで問題なく届くことが分かりました。
今後は以下の改善を行います。

・ソーラーパネルで充電可能とする
 乾電池ではなくリチウムポリマー電池にする。
 そして、ソーラーパネルを接続して充電可能とする。

・センサーを変更する
 SCD30はすぐ壊れたのであきらめる。
 代わりに「ARDUINO MKR ENV SHIELD」を使用する。
 二酸化炭素濃度は測定できないが、温度、湿度、大気圧、紫外線強度、光度を測定できます。


まだまだ道は険しい😭

コメント

このブログの人気の投稿

Ryzen 5 3400G を購入!

メモリをDDR4-3200へ交換

田代、会社員やめるってよ